二重まぶたにする記事一覧

 

一重の方が二重になりたいと考える場合、最近では色々な方法が考案されているので、案外簡単にできるでしょう。しかし、奥二重となると話は別です。奥二重にも色々なタイプがありますが、奥二重を矯正したいと考える方の多くは、奥二重の幅が細くて中途半端なタイプのようです。かすかに二重になっているといった感じでしょうか。そうなると、結構厄介なんですよね。二重を作ろうにも、元のラインがあるおかげで、三つ重や四つ重に...

 
 

一重まぶたで悩んでいる方は多いと思いますが、意外にも片目だけが一重で悩んでいる方も多いようですね。例えば、最初は両目とも一重まぶただったのに、いつの頃からか片目だけ奥二重になってしまった方や、眠くなったり疲れていたりすると片目だけが二重になってしまう方などです。片目だけ二重まぶたになってしまうと、どうしても目の大きさに違いが出てきてしまい、左右アンバランスな顔の印象になってしまいます。そんな時は、...

 
 

現在の日本で美しいとされる目は、やはり、二重まぶたです。その二重まぶたを手に入れるために、昔から日本の若い女性は苦労していますね。アイプチなどの二重まぶたグッズを使って、毎日コツコツと二重のラインを作ったり。手っ取り早く、プチ整形などを受けてしまう方も少なくないでしょう。最近では、美容整形にかかる費用もずいぶん安くなりましたし、プチ整形なら体にメスを入れるわけではないので、それほど抵抗なく受けられ...

 
 

一般的に一重まぶたの人は、二重まぶたの人と比較して、まぶたの脂肪が多い人やまぶたの皮膚が硬い人が多いと言われています。ですから、まぶたの脂肪を取り除き、まぶたの皮膚を柔らかくすることで二重にしやすくする目的のマッサージ法があります。多くの場合は、眼球とまぶたを動かすエクササイズと、まぶたやその周辺・顔全体のマッサージを平行して行うことで、まぶたの脂肪を落とし、皮膚を柔らかくしていきます。お金が掛か...

 
 

二重まぶたを作るマッサージをご紹介したいと思います。ただし、このマッサージをしたからといって、すぐに二重まぶたになるわけではありません。また、まぶたが分厚いタイプの一重の方には、効果がない可能性が高いです。最短でも三ヵ月くらいを目安に、地道に継続するようにしてください。まずは、人指し指と中指でまぶたを押さえて、二重の線を作ります。二重の線を維持したまま、上目づかいの状態でしばらくキープです。この時...

 
 

メイクで二重に見せることができるとしたら、もうアイプチや矯正テープに頼らなくても済みますよね。メイクで二重に見せる方法はいくつかありますが、代表的なのはリキッドアイライナーを使う方法、ペンシルを使う方法、アイシャドウを使う方法です。リキッドアイライナーで二重まぶたの線を引いた後、ペンシルでなぞるという方法もあります。アイシャドウを使う場合は、まぶた全体に薄い色のアイシャドウを使い、二重の線にあたる...

 
 

二重になりたい!そう願う方は多いでしょう。一重が二重になるだけで、顔の印象はガラリと変わります。自然と柔らかい印象になる二重に憧れをもつのは、仕方のない事かもしれませんね。しかし、二重整形には費用も勇気も必要です。とはいえ、アイプチも毎日するには面倒ですよね。アイプチはコツを掴めないと不自然になってしまい、何かと難しい面もあります。そこでお薦めなのが、メイクで二重になる方法です。用意するものは、ク...

 
 

アイプチのようなリキッドタイプの二重まぶた用の化粧品を使うと、肌がかぶれたり、炎症を起こしてしまう。アイプチを使ってもキレイな二重まぶたにならない。そんな方にオススメなのが、二重まぶたにできる矯正テープです。矯正テープならリキッドタイプの二重まぶた矯正グッズよりも、皮膚への負担が軽くて済みます。それに、くっきりとした二重まぶたにすることができるのです。また、矯正テープで二重まぶたにすれば、アイメイ...

 
 

最近、一部の方の間で話題になっている輪ゴムを使った二重矯正法。話題になっている一番の理由は、やはり、家にあるものでできるというところでしょう。輪ゴムとハサミがあれば、今すぐにでもできるというのは、コストが掛からなくて魅力的ですよね。効果もかなり高いようです。ただし、難点があります。目を圧迫し、負荷を掛けてしまう為、視力低下の可能性があります。最悪の場合、網膜剥離や失明の心配もないとはいえません。な...

 
 

自分で好きなときに、二重まぶたにできたら便利ですよね。そんなときは、二重まぶた用化粧品がオススメ。一般にアイプチと呼ばれています。アイプチには、のり状のものやシールタイプ、テープタイプがあります。二重にする方法はいたって簡単。まぶたに二重のヒダができるように、のり状のようなものを塗ったり、両面テープを貼ったりして、まぶたを貼りあわせればOK。のりやテープを貼っている間は、ずっと二重を持続することが...